2019年07月26日

インサイダーは生活費でもダメ!



ADK株でインサイダー 社員の知人女性に課徴金勧告





証券取引等監視委員会は、

TOB(株式公開買い付け)の情報を

公表前に知りながらアサツーディ・ケイ(ADK)株を

取引したとして、静岡県在住の60代女性に

課徴金納付命令を出すよう金融庁に勧告した。

知人である同社の社員から情報が伝わり、

株取引で約16万円の利益を得ていたという。

課徴金額は24万円。監視委は昨年10月に

同社員を東京地検に告発済みだ。



このほか、不動産業のエストラスト株で

インサイダー取引をしたとして、

山口県在住の60代女性と福岡県在住の50代男性に

ついても課徴金納付を命じるよう勧告した。

課徴金額はそれぞれ309万円と10万円

日本経済新聞2019/3/15



いいように言えばリスペクトされるべき

聖人君子のような証券取引等監視委員会。

悪く言わせてもらえば生活費も困るほどの

暮らしをしてもらう、つまり限りなく

死刑に近い裁きだろうか。

だって課徴金24万円や10万円って

利益は6、7万~16万円だけだからな・・